美肌におすすめな食べ物がまわりにたくさん!

美肌におすすめな食べ物とサプリメント

美肌用サプリメントよりも食べ物を

美肌の筆者

世の中には美肌用のサプリメントがたくさん出回っています。

コラーゲンやプラセンタなどの高価な美肌用サプリメントやドリンク。
マルチビタミン、ビタミンCなどの定番サプリメント。

これらの美肌用サプリメントがまったく効果がないとはいいませんが、ここまでお金をかけなくても美肌に効く食べ物が周りにたくさんあります。
いえ、どんな美肌用サプリメントでも太刀打ちできないほどの美容食材があるのです。

今日は美肌におすすめな食べ物を紹介します。


美肌食材 1位 かぼちゃ

かぼちゃ

・皮脂の分泌を調整するビタミンB群(ニキビや顔のベタつき)
・腸内環境を整える食物繊維(便秘の予防と解消)
・血流を改善しホルモンの分泌を調整するビタミンE
・抗酸化作用のカロテンとビタミンC(ストレス対策)

かぼちゃはどんな美肌サプリでも足元に及ばないほどの美肌食材
なんとこれ1つで皮脂の調整、ホルモンバランス、ストレス対策ができてしまいます。
おまけにカロテン豊富なので、免疫力を向上させ、風邪などの伝染病を予防してくれます。

ニキビや顔のテカリなどで悩んでいる方は、1日に4~5切れくらいから試してみましょう(摂りすぎると肌が黄色くなるため少しずつ)。できるだけ分けて食べた方が効果的です。
抗酸化作用があるのでアンチエイジングにもピッタリ。


美肌食材 2位 納豆

納豆

・皮脂の分泌を調整するビタミンB群
・腸内環境を整える食物繊維
・女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボン
・血流を改善するので生理痛にも適した食材。

納豆もかぼちゃに次ぐ美肌におすすめな食べ物です。
皮脂の分泌調整やホルモンバランス対策ができる納豆は、ニキビや顔のべたつき対策などにも適しています。
血流をよくするので、くすみや生理痛などの改善にも適しています。
おすすめトッピングはネギ、キムチ。腸内環境を整えて肌荒れの原因を解消してくれます。



美肌食材 3位 鮭

鮭いくら丼

・肌の筋肉の元となるタンパク質
・アスタキサンチンによる抗酸化作用
・肌の健康に貢献するビタミンA
・脂質の代謝をうながすB群

鮭も美肌におすすめな食べ物の1つです。
肌に必要なタンパク質を取り入れながら、ストレス対策もできる食材。
抗酸化作用が強いので、シミやシワなどの対策にも適しています。

筆者は鮭の刺身や塩ゆでをよく食べますが、栄養的には刺身の方が栄養を逃がしません。
また、いくらも鮭同様にアスタキサンチンを豊富に含んでいるので、鮭イクラ丼(海の親子丼)にすると、アンチエイジングメニューのできあがりです。
スーパーの食材で手軽に作れるし、めっちゃ美味しいです。


美肌食材 4位 豚肉

豚キムチ

美肌に必要な脂質とタンパク質。
コラーゲン生成の材料になります。
・肌の筋肉をつくるタンパク質
・女性ホルモンの材料となる脂質
・脂溶性ビタミンの吸収をよくする
・脂質の代謝をよくするビタミンB群

最近脂質はよくないと叩かれていますが、脂質は女性ホルモンの材料になったり、肌に必要な成分の材料になります。
豚肉はタンパク質、脂質、ビタミンB群のバランスがよく、美肌におすすめな食材といえます。
プラセンタのサプリメントを取るくらいなら豚の生姜焼きや豚キムチでも食べた方が吸収もよくて効果的。


美肌食材 5位 鶏肉

鶏肉

・肌に必要なタンパク質。コラーゲン生成の元になる
・肌の健康に貢献するビタミンA
・脂溶性ビタミンの吸収をよくする

コラーゲンドリンクを飲むくらいなら鶏肉を焼いて食べた方が吸収もよくて効果的。
スープにすると丸ごと栄養分がとれるのでいいかと思います。

鶏もも肉と太ネギを一緒に焼くと焼き鳥の雰囲気を味わえます。



美肌用のサプリメントは不要?

上記の通り、美肌に貢献してくれる食べ物は身の回りにたくさんあります。

かぼちゃや納豆を食事に取り入れていれば、ビタミン系の美肌サプリメントはほぼいりません。
豚肉や鶏肉などのお肉も十分に食べていれば、コラーゲンドリンクなどの美肌サプリメントは不要です。

抗酸化作用の強い鮭などもアンチエイジングにうってつけの食材です。
上記のランキングには書いていませんでしたが、ゴマやゴマ油をみそ汁に入れて食べるのも美肌に効果的。抗酸化作用と血流をよくするビタミンEでおすすめの美容食となります。

というわけで上記の食材を取り入れながら、バランスよく食事をとっていれば、美肌用のサプリメントは不要です。
後は十分な運動と睡眠をとれば体の中からの美肌対策はバッチリです。


美肌用サプリメントが活躍する時

上記の通り、美肌におすすめな食べ物VS美肌用サプリメントでは、ブッチギリで美肌におすすめな食べ物の圧勝です。

ただ、どれか1つ取り入れるのではなく、まんべんなく食べると効果的です。

では、美肌用サプリメントがサッパリ効果がなくてダメなのかといえばそうでもありません。

野菜が苦手な人や忙しくて思うような食事がとれない人の補助には適していると思います。
サプリメントの意味は「補うもの」という意味ですから。

また、ストレスが多い環境下ではビタミンCを数時間おきに取るなどの美肌戦略も有効です。
よく購入されているのはDHCですが、余計なものが入っていないASAHIのビタミンCがおすすめです。


肌にダメージを与えないこともお忘れなく

上記のように、美肌を維持するには食べ物も重要です。

しかし食べ物だけ気を付けていても、肌にガンガンダメージが及んでいるようでは美肌にはなれません。

顔を手で触ったりしていませんか?顔を手で触ると肌に大きなダメージを与えてしまいます。
ただ、肌が傷んでいて痒みや痛みが発生している場合は触らずにいられないと思うのでワセリンで人工の保護膜をつくってあげましょう。

また、シャンプーやリンス、トリートメントなどのヘアケア剤、スキンケア製品はできるだけ使わないようにしましょう。

ベタつきやテカリが気になる場合は、極力その都度水洗顔。
それでも難しいなら、米ぬか粉末などを泡立てて洗顔しましょう。
思春期の方はドラッグストアで純石けんを入手し、それを泡立てて洗顔しましょう。

使い分けの理由:
大人の肌→純石けんより肌へのダメージが少ない米ぬか粉末
思春期の肌→米ぬか粉末より洗浄力が高めの純石けん

上記画像の米ぬか粉末は2,200円くらいですが、夜の洗顔と浴槽掃除に使って1年以上持ちます。
1ヶ月あたり183円です(筆者の経験より)。


美肌におすすめな食べ物とサプリメント まとめ

・美肌サプリメントよりも美肌におすすめな食べ物を取り入れよう。

・かぼちゃ、納豆、鮭、豚肉、鶏肉などの食材はどんな美肌サプリメントよりも効果的。

・美肌サプリメントはあくまで「補うもの」。

・美肌は、食べ物だけでなく、肌にダメージを与えない生活をおくることが必要



↑ PAGE TOP