水洗顔の基本的な方法

水洗顔の基本的な方法

水洗顔は冷たい水でなく、ぬるま湯で洗顔する方法。
具体的な水洗顔の方法に入る前に、水洗顔がどんな肌に向いているか簡単に見てみましょう。


水洗顔ってどんな肌に向いているの?

肌荒れ

1.敏感肌
水洗顔は、石けんや洗顔フォームを使わないので、石けん負けしやすい人や洗顔フォームで肌荒れを起こしやすい人に向いています。
洗顔をしっかりしているのに、ニキビ、赤み、湿疹等の肌荒れが改善しない人、それどころか悪化している人は、水洗顔を試してみる価値ありです。
(ただし最初からムリをしないように)

2.テカリ肌
なお、洗いすぎて皮脂を取りすぎ、その結果、皮脂腺が肥大化して、テカリが止まらなくなった肌をリセットする場合にも向いていますが、最初がやや大変です。
この場合は、米ぬか粉末を使いながらゆっくり入りましょう。

3.乾燥肌
また、乾燥肌の方にとっても、水洗顔はよい方法。
皮脂を取りすぎないので、返って石けん、洗顔フォームを使わないほうが快適です。
肌に刺激となるものがなくなり、ストレス対策ができていれば、2~3ヶ月くらいで改善します。


水洗顔の方法

専門家によって流儀みたいなものがありますが、お好みのものを実践されるとよいでしょう。

洗顔

1.宇津木式
こすらない水洗顔で有名な宇津木式。
方法は洗面器にお湯をはり、その中に顔を入れて左右に振ります。
手を使わないのでこする心配もありません。

2.シャワーで水洗顔
低水圧のシャワーを顔にあてます。
直接手で顔を触らない分、こする心配もありません。
また、シャワーの心地よい水圧でリラックス効果、顔マッサージ効果も。

3.普通に手で水洗顔
普通に手で顔を洗う水洗顔。
顔を強く擦らないように気をつけましょう。
水洗顔に慣れないうちはこの方法でもOK。


水洗顔は段階的に入る

1と2を最初から徹底すると、角栓(ザラザラ)ができやすい。
角栓だらけになっても角質培養と言って続けるツワモノも。
挫折しやすいので無理は禁物。

最初は3から入り、角栓ができにくくなってきたら、1もしくは2に進みましょう
程よく角質を残しておくと肌荒れしにくくなります
角栓ができにくくなり、1もしくは2のこすらない水洗顔に進み、肌を触るクセがなくなると、肌荒れの改善が加速します。


水洗顔の角栓対策

角栓がひどく我慢できなくなったら、湯船で温もってそっと落とす。
それでも落ちなければ、手ぬぐいでやさしく拭う。
軽い力でこすっても落ちない場合は、極力放置でいきましょう。
角栓は少し残すくらいが、肌荒れしにくいというのが筆者が実践して思ったところです。

また、定期的な運動と十分な睡眠を心がけ、肌のターンオーバーを促し、栓ができにくい肌環境を目指しましょう。

→肌タイプ別角栓対策はこちらをご覧ください


水洗顔のぬるま湯の温度は?

自分が心地よいと思う温度で洗って下さい。
春と秋は34℃くらい、夏は30~32℃くらい、冬は35℃くらいと季節によって変動があってもよいでしょう。

なお、火傷や炎症を起こさない限りは、温かいお湯でもOK。
ただ、皮脂が少なめの人は、後でつっぱりやすいので34℃以内にするとよいでしょう。


水洗顔後はどうする?

タオルで顔を拭く時は、柔軟剤が使われていないタオルを使い、顔をフワッフワッと押さえるようにして水気を取りましょう。

タオルドライの後は、できるだけ基礎化粧品をつけないようにしましょう。
乾燥が気になる場合でも、しばらく経ったら、皮脂がでてきます。
それでも粉を吹く場合などは、薄くワセリンをつけておきましょう。


水洗顔初期に便利なもの

これまで述べてきたように、テカリ肌、角栓ができやすい肌だと初期に苦戦し、挫折することがあります。そのまま続けるのもアリですが、挫折率の高さから少しずつ入るほうがよいでしょう。

薄化粧のメイク落としにも便利。

そこで、肌への負担を極力抑えたものを紹介します。それは、米や麦のぬか、微生物でできた洗浄剤。合成界面活性剤も、肌をいためる成分も、常在菌環境を乱すような成分も含まれていません。

そうは言っても、洗浄力はバッチリありますので、極力少なめにお使い下さいませ。
慣れてきたら、頻度を減らしたり、完全水洗顔に移行するとよいでしょう。

なお、使い方は2通りあります。
1.粉末を手に取り、そこへぬるま湯を少し足してドロドロに溶いてパック状にして顔に付着させて使う。
2.泡立てネットにぬるま湯を含ませ、そこへ粉末をかけ、手で揉んで泡立てて顔に付着させて洗う。
どちらにしてもこすらないことがポイント。
洗浄力が強いのは1の方法で、2の方が幾分やさしい感じです。
なお、粉末量によって洗浄力をコントロールできます。
タモリ式入浴法(10分間入浴)を行いながら1のパックを行い、蒸れたところで洗い落とすと角栓が取れやすい感じです。

※粒子が細かいため、洗顔の方を紹介しておりますが、擦らなければ普通のとれる粉末でもOKです。私は成分数がより少ない普通のとれるの粉末の方を使っていました。
なるべく頻度をおさえ、どうしても!という時にお使い下さい。
角栓ができにくくなれば、水洗顔(ぬるま湯洗顔)のみに戻りましょう。


↑ PAGE TOP